もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

乳幼児期のオーラルケア 第3回

規則正しい食事がポイント! むし歯になりにくい食生活と間食を考えよう

規則正しい食事がポイント!

むし歯になりにくい食生活と間食を考えよう

むし歯にしたくないけれど、どうしたらなるべくむし歯にならないように育てていかれるのでしょうか。食事や間食について、小児歯科医の田中英一先生に伺いました。

 

監修 田中英一先生

田中歯科クリニック小児歯科(東京都中野区)院長。日本小児歯科学会副理事長、日本保育保健協議会理事、保育園や幼稚園の園医をつとめる。子どもの歯と心を考えることで定評がある。共著に『子どもの食の育て方』『にこたえるすこやかな口 元気な子ども』(医歯薬出版)ほか。

 

少しずつ増えるむし歯菌。家族みんなでのケアが大事

赤ちゃんはむし歯菌を持っていません。それが少しずつ増えていき、3歳児のほとんどがむし歯菌を持っています。むし歯菌はお箸やスプーンの共有などでうつります。どんなに気をつけていても、子どもが一切むし歯菌を持たずに成長することは難しいため、一緒に暮らすパパやママ自身が、むし歯の治療やケアを心がけることが大切です。今回登場してくれたミク読者の鈴木パパとママは、むし歯でなくても歯の定期検査を受けているとのこと。そのような親の意識が、子どものむし歯予防にもつながります。
 
むし歯ができる4つの理由の1つは、そもそもむし歯菌があること。2つめは、歯の強さです。きょうだいでも、むし歯になりやすい子となりにくい子がいますが、それは歯の強さによるもの。生まれ持ったものと、生活によって養われる部分もあります。3つめは、食べ物。そして4つめがむし歯になりやすい危険にさらされている時間です。この4つが組合わさるとむし歯になります。逆に考えるとどれか2つだけでも気をつければ、むし歯を防ぐことができるというわけです。

 

3食を規則正しく間食も時間を決めて

食べ物を食べると、口の中が酸性化し、カルシウムが歯から溶け出す「脱灰」という状況が生じます。この状態が長く続くと前出の「むし歯になりやすい危険にさらされている時間」が増えてしまいます。おやつを頻繁に食べ続けていると、むし歯になりやすい状態が続くことになるので、食事の時間や間食は規則正しくすることが大切。間食も、午前と午後など時間や内容を考えて与えましょう。ぐずったときに機嫌を直すためにおやつを特効薬として与えることは、なるべく控えるように心がけ、遊ぶ、音楽をかける、お散歩するなど、気分転換の方法を工夫しましょう。

 

 

よく噛むと、唾液が出てむし歯になりにくい

食べる機能は徐々に発達していきます。乳歯が生えそろい、大人と同じものを食べるようになったら、よく噛んで食べることも身につけていきましょう。「よく噛む→唾液が出る→口の中の酸性度が回復する」となり、むし歯になりにくい歯を作ることにもつながります。
 
「よく噛むようにしましょう」というと、「固いおせんべいなどを食べさせた方がいいですか?」と聞かれることがありますが、ガリガリと噛む必要はありません。離乳食からの流れで、柔らかいもの、細かく刻んだものばかり食べさせていると噛まずに飲み込むようになってしまいます。野菜の煮物など、食材を大きめに切るなど工夫すると、よく噛んで食べるようになります。

 

子どもの食べる様子をキャッチしよう

「よく噛んで食べているか」は、子どもの食べる様子をよく見ることがポイント。食べ物を残す場合、その結果だけを見るのではなく、食べにくいのか、味が嫌いなのか、量が多いのか、食べる時間のタイミング(間食からの時間が短いなど)がよくないのかなど理由を考えてみましょう。テレビに気を取られているなら食事中は消し、味や歯ごたえを変えることで食欲が出ることもあります。いろいろ工夫しても、食べ方で気になることがあれば、小児科医、歯科医や保健所の健診時などに相談してみましょう。
 
間食はお菓子を与えるというのではなく、補食=栄養補給と考えましょう。小さなおにぎりや果物などもおすすめですが、友だちの家やおばあちゃんの家でお菓子をもらうというような場面もあるでしょう。ママは甘いお菓子は与えたくないかも知れませんが、甘いものは心の栄養。甘いものを食べることで、ほっとしたり、友だちと一緒に食べておいしいとしあわせを感じることも大事なこと。むし歯予防のためだからと、甘いものを一切禁止にする必要はありません。

 

鈴木遥乃ちゃん(1歳6カ月)&祥子ママ&章吾パパ
「歯みがきは親子の毎日の習慣になっています。夜は入浴時に子どもの歯みがきも一緒にすることも多いです」

唾液にはいろいろな利点がある

唾液は大人の場合、1日に1000~1500ml分泌されます。これは大きなペットボトルと同じくらいの量。子どもの唾液は大人より少ないと言われています。唾液には口の中を清潔に保つさまざまな働きがあります。

 

◎食べものの消化をよくする
◎味を感じやすくする
◎口の中の汚れを洗い流す
◎酸を中和して、むし歯を防ぐ
◎細菌の繁殖を抑える
◎再石灰化によって虫歯を防ぐ

唾液にはいろいろな利点がある

おやつなど食べる回数が多いと、口の中が酸性の状態が続くことになります。そうすると、むし歯になりやすい状態になります。

 

よく噛むことは 「あいなのだ」

ああごへの影響
しっかりしたあごの骨を育て、かみ合わせをよくする

い胃腸への影響
消化吸収が促進され、満腹中枢も刺激され、ダイエット効果がある

な何でも食べる
いろいろなものが食べられて、健康な体ができる

の脳への影響
脳へ刺激を与え、記憶力や集中力が高まる

だ唾液への影響
唾液の分泌が促され、むし歯や歯周病を予防する

arau. ベビー
はみがきジェル
35g 600 円(税別)

 

食品原料からつくられた乳幼児用のはみがきジェル。やさしくみがけて使いやすいジェルタイプのはみがきで、合成界面活性剤、合成香料、着色料、防腐剤、保存料、研磨剤、発泡剤、フッ素など無添加。 

              

先輩ママたちの「赤ちゃんのはみがきに安心して使えるものを作って欲しい」というリクエストから生まれた無添加のはみがきジェル。ママが気になる合成界面活性剤はもちろん、乳歯ケアに不要な合成添加物成分は一切不使用。イチゴやメロンなどの合成香料も使用せず、天然のオレンジ精油を配合。また食品原料のみでつくられているので口をすすぐことができない赤ちゃんでも安心です。


0120-40-3636

www.arau.jp

 

 

撮影/福田依子

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧