子連れでお出かけ"

2007/12/05

海外旅行の部屋選び

年末年始のお休みを利用して、待望の海外旅行を計画しているご家庭も多いのではないでしょうか?
ホテルを手配する際は、可能なら事前に部屋の指定をしておきましょう。
一般的なホテルの普通の部屋なら、3人(トリプル)までは泊まれますが、家族の人数によっては1部屋に泊まれない場合も出てきます。4人だと2部屋になる事がほとんどです。
そこで、滞在中家族がバラバラにならないように、ホテル選び、事前オーダーが大事になります。
まず、旅行期間中ずっと同じ所に滞在するのなら、コンドミニアムかキチネット(簡単なキッチン)付きのコネクティングルームがオススメです。


コンドミニアムは、日本でも最近流行のサービスアパートメントを短期で借りるような感覚でしょうか。1LDK(1ベッドルーム)、あるいは2LDK(2ベッドルーム)の家具付きの部屋を想像すれば解りやすいと思います。部屋にランドリー(洗濯機)を備えている場合もありますので、滞在中は自宅にいるようにくつろげます。


コネクティングルームは外から見ると2つのドアがついた独立した部屋ですが、2つの部屋の間の壁にドアがあり、自由に行き来することができます。バスルームもそれぞれの部屋についているので、3世代旅行や、お友だち家族との旅行にも便利です。


コンドミニアム、コネクティングルームが無理でも、最低でも隣か向かいの部屋になるようにオーダーはしておきましょう。最悪の場合、家族で棟違いやフロア違いの部屋になる事だって有りますから。


※小さな子がベッドから転落するのを防ぐには
ベッドが動く場合は壁にくっつけてしまい、部屋にあるイスで周りを囲むのが一番簡単な方法です。ベッドが2つ並んでいる場合は、動かせるならベッドをくっつけて真ん中に赤ちゃんを寝かせ、左右に大人が寝るという方法もあります。
いずれの場合も、ベッドを動かすときに引きずって絨毯を痛めたりしないよう注意を。チェックアウトするときには元に戻すのはマナーです。


写真

キングサイズのベッドに川の字で
寝るのが安心ですね。



  • Check

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter