我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

茄子のトマトソース焼き(パルメザンチーズ)他   < カミカミ期 >

離乳食写真

アートラマン さん からのコメント
今回は焼き芋を使いました。芋の甘さによって砂糖は加減して下さい。(入れなくてもいいかもしれません。)厚めに剥いたサツマイモの皮は、細く刻んでキンピラにしたり味噌汁に入れたりして大人が食べて下さい。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料(すべて適量)
<茄子のトマトソース焼き (パルメザンチーズ>

・茄子

 
・トマトソース(玉葱を飴色になるまで炒めて、トマト缶を加え煮込んだもの。)
・粉チーズ  
   
<玉葱・キャベツ・インゲンの卵黄とじ>
・玉葱  
・キャベツ  
・インゲンマメ  
・卵黄  
・油(オリーブオイルを使用)  
・塩  
   
<サツマイモとマカロニのきな粉和え>
・サツマイモ(焼き芋・蒸かし芋でも)
・マカロニ  
・きな粉  
・砂糖  

<茄子のトマトソース焼き (パルメザンチーズ)>

  1. 茄子は5ミリ角位に切って水にさらす。
  2. 茄子の水をきり、耐熱容器に敷き詰めてトマトソース(塩分なし)・粉チーズ(少量)をかける。
  3. ラップをふんわりかけて、電子レンジで加熱する。(様子をみて3~5分。茄子に火が通るまで。)

<玉葱・キャベツ・インゲンの卵黄とじ>

  1. キャベツとインゲンマメを柔らかくなるまで塩ゆでして、細かく刻む。
  2. 玉葱を刻んでオリーブオイルで炒める。
  3. 1を加えて混ぜ、卵黄を全体に回しかけて混ぜながら火を通す。

<サツマイモとマカロニのきな粉和え>

  1. サツマイモは3~4センチ厚に切って、皮を厚めに剥き、水にさらす。
  2. さっと串が通るまで茹で、ザルにあげる。冷めたら食べやすい大きさに切る。
  3. マカロニは塩分控えめで、柔らかく茹でる。
  4. 2と3を混ぜて器に盛り、きな粉に少量の砂糖を加えて混ぜたものをかける。

※トマトソースはまとめて作って、製氷皿で小分けにして冷凍保存してあります。サツマイモは残った分はラップに包んで冷蔵庫に保存し、調理法を変えて離乳食に使い、2~3日で使いきります。

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/655

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter