我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

トーストスティック/玉ねぎとキャベツのスープ/トマトとチーズのスクランブルエッグ/他   < カミカミ期 >

離乳食写真

さやか さん からのコメント
離乳食のストックを作る際に、野菜の茹で汁も小分けにして冷凍しておき、それに色々な野菜を入れて野菜スープにしています。調理時間も短縮できますし、野菜の旨みが凝縮されていて栄養たっぷりです。スクランブルエッグはトマトが好きなので良く食べてくれるメニューです。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料(すべて適量)
<トーストスティック>
・食パン(8枚切り)  
   
<玉ねぎとキャベツのスープ>
・玉ねぎ  
・キャベツ  
・野菜の茹で汁  
   
<トマトとチーズのスクランブルエッグ>
・トマト  
・溶けるチーズ  
・卵(全卵)  
   
・でこぽん(適当な大きさにカットして盛る。)
・ほうじ茶(ベビーフード)  

<トーストスティック>

  1. カットしてから軽くトーストする。

<玉ねぎとキャベツのスープ>

  1. 玉ねぎをトロトロに煮込む。
  2. キャベツを柔らかく茹でて芯の部分をそぎ落とす。
  3. 野菜スープ(野菜の茹で汁)に1と2を入れてひと煮立ちさせる。

<トマトとチーズのスクランブルエッグ>

  1. トマトを湯剥きして種の部分を取り出してから、再度茹でる。
  2. 耐熱容器に溶き卵と1.とチーズ少々を入れて混ぜ、電子レンジで1分ほど加熱する。(30秒で一回混ぜると良い)

※チーズは塩分が多いので少量がオススメなのと、冷めると固まってしまうので出来立てをあげるのが良いと思います電子レンジではなくフライパンで焼くと香ばしくてもっと美味しいかもしれません。

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/611

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter