我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

納豆野菜ごはん   < カミカミ期 >< パクパク期 >< 幼児食 >

離乳食写真

kimama さん からのコメント
栄養たっぷり、料理も簡単!納豆が食べれるなら、このレシピはとてもおすすめ。材料は納豆とおうちにあるお野菜など。切って、炒めて、混ぜて、味付けしたらできあがり。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料
その時にあるお野菜やきのこ類何でも
・キャベツ  
・ピーマン  
・えのき  
・えりんぎ  
・ナス  
・もやし  
・赤たまねぎ  
・にんじん  
  1. 材料を切る。
    離乳食 ⇒ 細かくみじん切り
    幼児食 ⇒ 子供が食べやすい大きさ
  2. 炒めるのに時間がかかるものから順に炒める。(今回の材料の場合、タマネギ、にんじん、ナス、ピーマンの順)残りは全部一緒に混ぜて炒めて、火を止めてから、納豆と混ぜる。
    離乳食 ⇒ 納豆半分をフォークでつぶして、食べやすいように。(量はそれぞれの離乳食期の「タンパク質」の分量を目安に)
    幼児食 ⇒ そのまま、ひと箱全部使用。(納豆は炒めない)
  3. 味付けする。
    離乳食 ⇒ 海苔を刻んだものを追加
    幼児食 ⇒ 納豆についているタレ
  4. カレーライスのようにごはんの上や横に盛り付ける。
    離乳食 ⇒ ごはんとおかづを半々くらいの量。ごはんと混ぜてしまう。
    幼児食 ⇒ お野菜たっぷり、ごはん少なめ。
  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/578

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter