我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

野菜とおからのハンバーグ/豆腐サラダ/かぼちゃの煮物/大根の味噌汁   < 幼児食 >

離乳食写真

KOBA さん からのコメント
苦手な食材も、子供の大好きメニューに入れるとパクパク食べてくれます。茹でたほうれん草は冷凍OK!半解凍状態はザクザク簡単に細かく刻むことができますよ。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料
・合いびき肉

・おから
・ほうれん草
・玉ねぎ
・卵
・にんじん
・インゲン
・ケチャップ
・ウスターソース
・グラッセの煮汁
 
・絹ごし豆腐
・プチトマト
・ゆで枝豆
・コーン
 
・かぼちゃ
 
・大根
・わかめ
・ねぎ
・油揚げ

<野菜とおからのハンバーグ>

  1. にんじん、インゲンは適当な大きさにカットして、鍋にひたひたの水とともに入れる。バター、コンソメ、砂糖、塩を入れて煮る。
  2. 茹でて細かく刻んだほうれん草(一度冷凍にすると刻みやすい)と、みじん切りにして炒めた玉ねぎ、おから、合いびき肉、卵、塩コショウを混ぜ、全体がまとまるように、よくこねる。
  3. 2をハンバーグの形にまとめて火が通るように、両面焼いてフライパンから取り出す。
  4. 3のフライパンに、ケチャップ・ソース・グラッセの煮汁を入れて煮詰めとろみを出す(とろみが出ないときは、水溶き片栗粉でつける)。
  5. ハンバーグ、グラッセをお皿に盛り、4のソースをかける。

<豆腐サラダ>

  1. 水切りした絹ごし豆腐をカットしてお皿に盛る。
  2. プチトマトは4等分、枝豆はサヤから出して薄皮を取る。
  3. 2とコーンを1の豆腐の上にのせて、和風ドレッシングをかける。

<かぼちゃの煮物>

  1. かぼちゃは皮のところどころを硬い部分等をほうちょうで剥いて、適当な大きさにカットする。
  2. 1を皮を下にして、鍋に並べて、酒・砂糖・塩・醤油を振り、水をひたひたのところまで入れる。強火にかけて、沸騰したら弱火にしてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

<大根の味噌汁>

  1. いちょう切りの大根・適当な大きさにカットしたワカメ、小口切りのネギ、短冊切りの油揚げ、顆粒だし、水を入れて大根が柔らかくなるまで煮る。
  2. あわせ味噌をとかして出来上がり。
  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/85

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter