我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

しらすとブロッコリーがゆときな粉パンプキン   < ゴックン期 >

離乳食写真

momoken さん からのコメント
しらすは、そのままでは塩分が多い為、必ず塩抜きをしてください。きなこパンプキンは、かぼちゃ本来の味にきなこが追加される事で和菓子のような味になりました。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料
・10倍がゆ
大さじ2
・しらす
小さじ1
・ブロッコリー
小さじ1
 

・かぼちゃ
小さじ2
・きな粉
小さじ1
・だし汁
大さじ2
 
・ヨーグルト 
小さじ3
・いちご
小さじ2

<しらすとブロッコリーがゆ>

  1. しらすを塩抜きの為、湯通しをし、水気を切ってすり鉢で潰す。
  2. ブロッコリーは柔らかく茹で、すり鉢で潰す。
  3. おかゆ、ブロッコリー、しらすを混ぜ合わせる。

<きな粉パンプキン>

  1. かぼちゃをゆでて潰す。
  2. 1にきな粉、だし汁を入れて混ぜ、レンジで10秒加熱。

<イチゴヨーグルト>

  1. イチゴをすり鉢で潰し、ヨーグルトソースにする。

※だし汁は、冷凍ストックを使いました。味噌汁などを作る時に、多めにだしを作り、製氷機に大体大さじ2杯ずつ入れ凍らせます。完全に凍ったら製氷機から取り出し、保存袋に入れ使います。野菜スープも同様にカレーなどを作る時に取り分けて冷凍ストックを作っておくと、レンジで簡単に解凍ができ使いやすいです。

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/84

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter