我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

盛りだくさんのとろねば丼/根菜の味噌汁/壬生菜とじゃこの黒酢ソテー   < 幼児食 >

離乳食写真

りんず さん からのコメント
「一汁三菜」の和食を基本にした幼児食を心がけています。味噌汁には旬の食材を取り入れ、具沢山にして栄養たっぷりにするのがポイントです。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料
・刺身のマグロ
・長芋
・酢
・納豆
・しょうゆ
・えのきだけ
・みりん
・めかぶ
・なめたけ
 
・かつおぶし
・ごぼう
・里芋
・酢
・大根
・豆腐
・味噌
 
・壬生菜
・じゃこ
・黒酢
・オリーブオイル

<盛りだくさんのとろねば丼>

  1. 刺身のマグロをソテーして、火を通す。長芋は、皮をむいて酢水にさらしてから、すりおろす。納豆はしょうゆ少々を加えてよく混ぜておく。
  2. えのきだけはいしづきを落とし、三等分に切ってからフライパンで、塩を加えてしんなりするまで炒める。みりんを加えて、10分蒸し煮にしたら、しょうゆを加えて煮詰める。(→なめたけの出来上がり)
  3. 器にご飯を盛り、マグロ、めかぶ、納豆、長芋、なめたけをのせる。

<根菜の味噌汁>

  1. 鍋に、かつおぶしを使ってだしを取る。
  2. ごぼうはホイルを使って皮をこそげ落とし、酢水にさらす。里芋は皮をむいて塩をすりこんでから流水で洗う。大根は皮をむいて短冊に切り、豆腐はさいの目に切る。
  3. 1に2の材料を加えて、やわらかくなるまで煮たら、味噌をとく。
  4. 味噌汁の具とうわずみを取り分ける。

<壬生菜とじゃこの黒酢ソテー>

  1. 壬生菜は3cmくらいの長さに切る。
  2. フライパンにオリーブオイルを少し入れて熱し、壬生菜、じゃこを入れて、黒酢を少し加えてしんなりするまで炒める。
  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/77

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter