我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

すぅ~と溶ける卵ボーロ♪♪(プレーン、かぼちゃ、きなこ、ほうれん草)   < モグモグ期 >

離乳食写真

milk さん からのコメント
すぅ~と溶ける卵ボーロが、手作りできます。出来立ては市販の物よりも断然おいしい!かぼちゃ、きなこ、ほうれん草ボーロなど、アレンジも楽しめます。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料
(プレーン生地)
・片栗粉
60g
・卵黄(Mサイズ)
1個分
・砂糖
20g
・スキムミルク(粉ミルクやコーヒーの粉ミルクでもOK)
10g
   
(アレンジ編)
・プレーン生地を約4等分
各20g
・かぼちゃ
10g
・きなこ
5g
・ほうれん草
5g

<プレーン>

  1. 卵黄、砂糖を白っぽくなるまでよく混ぜて、スキムミルク、片栗粉を入れて、混ぜる。
  2. 一個づつ小さく丸める(市販の物と同じぐらいの大きさ)。丸めにくい時は、手に片栗粉をつけて丸めればOK。
  3. アルミホイルに並べ、190℃に予熱したオーブンで、5~7分焼けばできあがり♪

<アレンジ編 (かぼちゃ・きなこ・ほうれん草)>

  1. かぼちゃ
    丸める前のプレーン生地20gに、レンジでチンしたかぼちゃを混ぜて、生地の固さを片栗粉で調整して、丸めて焼く。
  2. きなこ
    丸める前のプレーン生地20gに、きなこを入れ、生地が固くなった分、水を2~3滴加えて調整し、丸めて焼く。
  3. ほうれん草
    丸める前のプレーン生地20gに、ゆでて水分を搾り、みじん切りにしたほうれん草を入れ、生地の固さを片栗粉で調整して、丸めて焼く。

※卵の大きさで、水分量がかなり変わります。ベタついて丸めにくい時は、片栗粉で調整して下さい。
※大きさによって、焼き時間を調整してください。
※アルミホイルは少し冷めてからはがすといいです。

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/45

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter