もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

正しい知識を取り入れることが大切  妊娠中に気をつけたい感染症

正しい知識を取り入れることが大切

妊娠中に気をつけたい感染症

主にブラジルで発症し、感染すると赤ちゃんに影響を及ぼすと言われている「ジカ熱」。蚊を媒介とするということで、夏の過ごし方を心配している方も多いことでしょう。このほか妊娠中に気をつけたい感染症について、国立感染研究所の多屋馨子先生に伺いました。

多屋馨子先生
国立感染症研究所 感染症疫学センター第三室室長。医学博士。感染症専門の小児科医として、感染症の研究に取り組む。大学生、中学生の母。

「ジカ熱」の国内感染の数人は海外での感染

ニュース等で取り上げられている「ジカ熱」の正式名称は「ジカウイルス感染症」。ジカウイルスを持った蚊にさされることで感染し、ブラジルなど中南米やアフリカ、東南アジアで感染者が出ていますが、日本国内で発症した数人は海外での感染。過度な心配は不要ですが、性交渉で感染したと考えられる事例も報告されています。妊娠中、夫が仕事などで流行地域に渡航した場合は、感染防止のためにも性交渉を控えるか、必ず避妊しましょう。

 

おたふくかぜ、梅毒、りんご病。流行中の感染症に注意

2015年に流行しているおたふくかぜ、2013年以降急増中で、性感染症のひとつである梅毒も注意が必要です。梅毒は、妊娠中の妊婦健診で必ず検査を行い、結果によっては抗菌薬で治療します。初期に陰性でも、妊娠後期に再度検査する医療機関も。その場合は費用の一部を負担するケースもあるので確認しましょう。
 
数年に一度流行を繰り返すりんご病は、主に子どもの間で流行する感染症ですが、大人にも感染します。二人目妊娠中にもし上の子がりんご病にかかった場合は、家庭内感染のリスクが高くなります。風邪のような症状や関節痛、発疹が見られたら早めに産婦人科医に電話で相談を。発疹のある時に、産婦人科を受診するのは避けたいものです。

 

風疹は予防接種で感染を防ぐことができる。夫も抗体検査を

発熱、発疹、リンパの腫れなどが現れる風疹は、予防接種を受けていると発症を防げます。妊娠すると、風疹の免疫があるかどうかを健診で必ず調べますが、1979 年4月1日以前に生まれた男性は風疹の予防接種を受けていないため、風疹の抗体を持っていない人がたくさんいます。妻に抗体がないか抗体が低い状態で、夫にも抗体がないと、夫から妊娠中の妻に風疹をうつしてしまう可能性があります。家族が感染源とならないよう、気になる場合は男性も抗体検査かワクチンを接種しましょう。
 

妊娠中に気をつけなければいけ ない感染症はたくさんありますが、むやみにこわがらず、正しい知識を取り入れ赤ちゃんを守りましょう。

妊娠中に気をつけたい感染症

ジカウイルス感染症
発熱、頭痛、関節痛、結膜充血などが主な症状で、胎児にも感染して小頭症などの症状がでることがあるといわれている。感染しても症状が出ないことが多い。治療薬やワクチンはないため妊娠中は流行地への渡航は避ける。

 

おたふくかぜ
妊娠初期に発症すると流産率が少し高くなる。成人の感染は重症化することもあるので、抗体がない場合はワクチンを受けると安心。

 

梅毒
妊娠中に感染すると流産や死産のリスクが高くなる。妊娠中に未治療だと胎児にも感染し、先天梅毒が発病する。

 

りんご病
妊娠中に感染すると、胎児が高度の貧血から全身がむくんだり、心不全を起こしたり、流産に至ることがある。住んでいる地域の自治体のHP等で流行をチェックし、流行時期は子どもが多く集まるところに行くのを避ける。

 

風疹
妊娠20 週頃までの女性が感染すると胎児に影響し、子が先天性風疹症候群という病気を発症することも。風疹抗体価が陰性あるいは数値が低い場合は、出産後、お母さん自身が遅くとも1カ月健診時までにはMR ワクチン接種を。

 

トキソプラズマ感染症
妊娠初期に母親から胎児に感染すると、流産、死産、水頭症などを起こすことも。トキソプラズマは生肉や猫の糞などに潜んでいるので、妊娠中の生肉摂取は控え、野菜や果物はよく洗う。

 

サイトメガロウイルス感染症
妊娠中に母親から胎児に感染すると、脳障害、発育遅延、難聴、網膜症などを起こすことも。出生後先天性サイトメガロウイルス感染症と診断された子には抗ウイルス薬が有効との報告も。

 

性器クラミジア感染症
母親が感染していると、出産時、胎児が産道を通る時に母親から感染し、結膜炎や肺炎などを起こすことも。妊娠中の検査で陽性が出た場合は抗菌薬を服用。

 

 

最新情報をチェック!

 

感染症全般の情報や予防接種についての情報。
NIID 国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/

 

渡航先で流行している感染症についての情報。
厚生労働省研究所 FORTH
http:// http://www.forth.go.jp/

 

イラスト/犬塚円香 取材・文/長島ともこ

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧