もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

あのパパに逢いたい…… 魔裟斗さん

あのパパに逢いたい……
魔裟斗さん

格闘家時代は、試合を熱狂的に応援していた方も多いはず。現役引退後は、タレントやスポーツ解説者として活躍。イクメンとして、愛妻家として、パパやママたちから人気が高まっています。

魔裟斗(まさと)さん
元K-1ファイター。「K-1 WORLDMAX 」2003年、2008年の世界王者。現在は、タレント、俳優、スポーツ解説者として活躍。妻は女優・タレントの矢沢心さん。3歳と1歳の女の子のパパ。

砂場でままごとしたり、言葉を掛け合ったり、楽しそうに遊んでいる姿を見ている時間が好き。
夏は子どもとプール遊びしたり、社会勉強もかねて銭湯にも連れて行こうかな。

 

子どもが授からない時期は正直、辛かった

結婚後「子どもはそのうちできるでしょ」と思っていたものの、なかなか子どもを授かることができませんでした。「子どもはまだ?」という言葉が苦痛になりましたね。相手は何の気なしに聞いているだけなんでしょうけれど。でも、逆に聞かれないと「気を遣わせているかも」と思ってしまうこともありました。
 
3~4年子どもを授からないとだんだん深刻に。不妊治療を開始しました。不妊治療すれば授かるものだと思っていたので、1回目ダメだったという結果を受けて、夫婦で真剣に取り組むようになりました。
 
やっと「授精した」と聞いてすごくうれしかった。でも、その後心臓が止まってしまったと健診で聞き、自分もすごく残念だったし、妻自身も落ち込んでいました。そんなときには、ほんと言葉も出なくて。ただカフェでお茶飲んでいました。
 
その後授精しましたが、本当に生まれるまでは安心できませんでした。常に「安静にしろ」「調子が悪いときには、寝てろ」って言っていました。
 
1人目の妊娠中、妻はつわりが大変で、カステラばかり食べていました。それまでほとんど何もしなかったんですが、その頃から家のことをするようになりました。犬を飼っているんですが、犬の散歩や掃除はよくしています。料理はたまにする程度ですが、買い物にはよく行きますよ。スーパーのものの値段の平均値とかわかりますからね。「今日は、レタスが安くなってる!」なんて、すぐ判断できます(笑)。
 
妊婦健診も行けるときには同行していました。エコー写真を見て、妻は「かわいい!」って言っていましたけど。なにやらうごめいている感じで、かわいいという印象はなかったですね。

公園に行くと、小さな友だちもいます

1人目は立ち会い出産。2人目は前置胎盤だったので帝王切開でした。
 
1人目は時間かかりました。夜中に陣痛が起きてから20時間かかりました。病院に付き添ったものの生まれず、その後仕事に行き、戻ってきた夜中に生まれてきました。見た瞬間はかわいいという感覚はなく、「奥さんよく頑張ったな~」と思いました。妻には「お疲れさま」と声をかけました。
 
今は仕事が終わると、早く帰って子どもたちと一緒に遊びたくて。笑っているとき、機嫌がいいときの顔、本当にかわいいんですよ。もちろん機嫌が悪いときもあって、そんな時にはイラッとすることもありますけどね。

子どもを公園に連れて行って遊ばせることもあります。妻は砂場に入って一緒に遊んだりしますが、ボクは子ども同士が遊んでいるのを見ているのが好きです。ブランコやすべり台など、体を動かす遊びの時には一緒に付き合います。最近、公園に行くと近所の子から「まさとさん~」なんて声をかけられます。高い高いとかすると、みんな寄ってきちゃいますから。「鉄棒やって!」って言われて逆上がりして見せてあげると、子どもたちも一緒に鉄棒をやり始めたり。ほんと公園遊び、楽しいですよ。
 
子育てって不思議ですよね。知らない大人といきなり会話とかしないけれど、わが子以外の子どもともしゃべって小さな友だちが何人かいます。子どもとしゃべるのって、楽しいですよ。駆け引きや気を遣ったりすることがなくて、純粋だからラクです。

夫婦でよく話し「ありがとう」の気持ちを持つ

家にいるときには、お風呂に子ども2人を入れています。お風呂にゆっくり入ることなんかなくなりました。長女は、シャンプーして、リンスして、風呂上がりにドライヤーで髪の毛を乾かしてあげています。
 
怒るときには、本気できっぱり怒ります。危険なときや、あまりにもダダをこねるときなんかにね。でも、どうしても子どもが言うことをきかないときには、「いいよ」なんて言っちゃうことも。その点、ママはきっぱりダメなものはダメと。ママの強さを感じます。
 
寝かしつけもするんですが、ボクが寝かしつけるとうれしくなっちゃうみたいでベッドに寝転がっているボクに飛び乗ってきたり。で、ママから怒られています(笑)。
 
3歳の上の子は下の子の手をつないで歩いたり、下の子に「これ食べる?」なんて分けてあげたり。そんな優しい光景がうれしいです。そんなときは、すごく大げさに「えらいね~」なんて褒めています。
 
ボクは格闘技の選手で、チャンピオンになることが目標でしたから、引退して打ち込めるものがなくなっていたんですよ。そこに、子どもが生まれてきてくれた。「子どもと一緒に成長していこう」と。子どもが新たな喜びを持ってきてくれた感じです。

子どもはボクの人生の生きがいの一つですね。社会に出るまでは親の責任と思っているので、社会に出て生きていけるように育てていきたいと思っています。
 
ボクは育児も家事もするけれど、役割分担みたいなのはありません。パパの仕事が忙しいときとか、ママが疲れている日とか、それぞれの家でバランスよくやっていけばいいんじゃないかな。あとは、子どもの前でお互いの悪口を言わないこと。そして「ありがとう」という気持ちを持つことが大切だと思っています。

 

「ライオン・ガード」が、ディズニー・チャンネルにて毎週日曜8:30~9:00他、放送中。 王国に伝説のガーディアン「ライオン・ガード」が復活。プライド・ランドの王・シンバの息子カイオンたちの物語です。魔裟斗さんがこのTVアニメーション・シリーズを応援しています。

撮影/福田依子 取材・文/高祖常子

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧