もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

妊娠中からサポート体制を整えよう!深刻な産後うつにならないために

妊娠中からサポート体制を整えよう!

深刻な産後うつにならないために

出産後のママは、体の疲れと共に、精神的にも不安定になりがち。ひどい場合、産後うつ病に陥ってしまうケースも少なくありません。予防するには、どのようなことに心がけたら良いのでしょう。産後うつに早めに気づくポイント、対処法などについて、産婦人科医の天神尚子先生に教えていただきました。

天神尚子先生
三鷹レディースクリニック院長(東京都三鷹市)。日本医科大学医学部卒業、日本産科婦人科学会認定専門医。妊娠中から産後の不調、生理不順、更年期障害など、女性のあらゆる不安や悩みに対応している。

 

マタニティブルーズが長引くと産後うつ病へ発展

妊娠中から出産後にかけて、精神的な不調をマタニティブルーズといいます。特に産後はホルモン分泌の急激な変化に伴い、気持ちが落ち込む、涙もろくなる、やる気が出ないなど、軽度のうつ症状を多くの人が経験します。出産5日以内に発症し、2週間程度で自然に症状が消えていく人がほとんどで、心配いりません。

産後2週間以後も症状が解消されず続く場合には、「産後うつ病」の可能性が高まります。家事や育児に対する意欲や集中力が低下し、食欲不振、不眠、頭痛などの症状が現れてきます。

生活が一変することは、産後うつを招く一因です。体力が回復しないうちに、3時間おきの授乳、おむつ替え、入浴など、24時間体制のお世話に追われ、気分転換や十分な休養が取れず、一気に心身が疲弊します。里帰り出産した人は、実家で過ごす間は問題なくても、自宅に戻って1カ月以内にうつ症状が現れることがあります。睡眠不足が続いてストレスフルになると、脳内ホルモン(セロトニン、ノルアドレナリン)が減少し、ますます睡眠や精神面のコントロールがきかなくなります。悪循環に陥り、うつ病に発展することも。赤ちゃんの眠りに合わせて睡眠をとり、無理をしないことが一番の対策です。

性格的に真面目で完璧主義の人、上手にストレスを発散できない人は、産後うつになりやすい傾向がありますので注意しましょう。

気分のアップダウンありませんか?
自分を客観視してみよう

産後うつセルフチェック

この1週間を振り返り、以下の項目にイエスorノーで答えてみましょう。イエスが多いときは、うつの兆候が見られます。一人で頑張らないで、早めに家族の助けを求め、産婦人科を受診しましょう。周囲のパパや家族が、ママのいつもと違う様子(無口になる、部屋の中が片付いていない、笑顔が見られないなど)にいち早く気づいてあげることが大切です。

  1. 笑うことやおもしろいと感じることが減った。
  2. 物事を楽しみに待つことがなくなった。
  3. 物事がうまくいかなくて、自分を不必要に責めた。
  4. 理由もなく不安になったり心配になったりした。
  5. 理由もなく恐怖に襲われた。
  6. やるべきことが多くて、うまく対処できなかった。
  7. 不幸な気分になり、よく眠れなかった。
  8. 悲しくなったり、惨めな気持ちになった。
  9. 自分が不幸だと感じて、泣けてきた。
  10. 自分自身を傷つけるという考えが浮かんだ。

※質問は「エジンバラ産後うつ病質問票」を参考に編集部でアレンジしました。

家族の理解とサポートは必須 ひとりで育児をしないことが大事

新生児のお世話を産後体調が戻っていないママ一人でするのは大
変。パートナーや家族がサポートするのが大前提です。妊娠中から家族に産後うつについて知ってもらい、育児・家事分担を相談する、産褥シッターや一時保育・ベビーシッターなどの情報を調べたり登録するなど、サポート体制を準備しておきましょう。

家族が理解して育児と精神面のサポートをすること、ママの話を聞いてあげて寄り添うことが、産後うつ病の予防になります。

もし産後2週間を過ぎても精神的に不安定な状態が続くときは、早めに産婦人科医や保険師に相談しましょう。自治体の子育て支援センターなどが電話で相談に応じてくれますし、昼間、保育園や一時保育を利用することもできます。生後1カ月を過ぎたら、赤ちゃんを抱っこしたりベビーカーに乗せて少しずつ近所をお散歩したり、子育てひろばに出向くのもいいでしょう。子育てを一人で抱えこまず、声をあげて周囲に助けを求めることが大切です。

取材・文/中野洋子

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧