もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

認めることがほめること  毎日の親子の関わりを自身が大いに楽しんで! 子どもの健やかな心を育むために…

認めることがほめること 毎日の親子の関わりを自身が大いに楽しんで!

子どもの健やかな心を育むために…

「思いやりが持てる人に」「誰にでも優しくできる人に」……。我が子にそんな大人になってほしいと、親は共通の願いを持っています。子どもの心が健やかに育つには、親として日頃からどんなことを心がけたらいいのでしょうか?親の関わり方と子どもの育ちに詳しい安梅勅江先生に、お話を伺いました。

安梅勅江先生
筑波大学大学院 人間総合科学研究科教授。親子のエンパワメントやほめる行動に関して、大規模な調査・研究を行う。NHK『すくすく子育て』にコメンテーターとして出演中。子育て中のパパママのお悩みに優しく応える姿が印象的。

 

親の“育てる力”と子の“育つ力”が相互に引き出される関係が大切

おっぱいをあげる、おむつを取り替える、泣いたら応えて抱っこする、声をかけて安心させる……というように、親になったばかりの頃は、毎日が初体験の連続です。「子どもを持って初めて知る世界がある」と、新米ママ&パパの多くが感じることでしょう。
 
人は、素晴らしい力を持って生まれてきます。その人本来の潜在能力や可能性、生きる力を湧き出させることを「エンパワメント(湧活)」と言います。子育てにおいても「エンパワメント」はとても大切なことで、子どもと親の相互関係の中で発揮されていくのが理想です。
 
日常生活の中で、ママやパパ、祖父母、周囲の人々による関わりを通して、子どもの“ 育つ力”が引き出されます。親の方も、子どもによって未知の経験が与えられ“育てる力”が引き出されるのです。子育てを通して、親子の信頼感と絆が深まっていきます。
 
人との関わりの基盤が形成されるのが乳幼児期。子どもの心身の健やかな育ちに必要なのは、第一に「自分は充分に愛されていて、この世界は居心地がいい」と感じられることです。一緒に外遊びをする、うたを歌う、絵本を読む、買い物に行く、家族で食事をする……というように、親子で行動を共にすること、規則正しいリズムで日常を快適に過ごせるよう整えるのが、子どものために親としてできることです。

客観的な視点で今の自分を見てみよう!

健やかな子育ち・子育て環境セルフチェック

 

日々の子どもとの関わりについて、現状をチェックしてみましょう。子育てのストレスが大きかったり、悩みがある場合は、パートナーや、ママ友、パパ友、子育て支援センターなどに相談してみましょう。

 

□子どもと向き合って一緒に遊んでいますか?
□子どもと一緒に公園に行きますか?
□子どもと買い物に行きますか?
□子どもに本を読み聞かせていますか?
□子どもの好きな歌や童謡を一緒に歌いますか?
□同年齢の子どもの家族と、互いの家を訪問しあっていますか?
□家族そろって食事をしていますか?
□子どもをたたいたり怒鳴ったりしていませんか?
□パートナーは一緒に子育てしていますか?
□夫婦で子どもの話をしますか?

「ほめる」とは「認める」こと。何気ないことを評価しよう

生後すぐから、赤ちゃんはママやパパの声を聞き、表情を見て、気持ちを敏感に感じ取っています。泣いたらお世話をする、抱き上げる。きげんよくしていたら、「ごきげんだね」「かわいいね」と微笑みかける。そんな対応を応答性と言いますが、このような行動を繰り返すことで、親子の信頼関係が育まれ、子どもの内面に「愛されている」「大切にされている」という実感、自己肯定感が育ちます。
 
「自分のことが好き」「自分が大切」と思える自尊感情は、生きる基本となるもの。その感情があってはじめて、他人にも同様の感情を持つことができるようになり、思いやりと優しさを表現できるのです。
 
自尊感情は、ほめられる、認められることで子どもに根付いていきます。実際の研究データでも、たくさんほめられた子どもは自己肯定感が育まれ、社会適応力が高い傾向にあります。
 

ほめることが大事だと認識しているママは多いでしょう。でも、親子のコミュニケーションに関する行動調査を実施したとき、実際に子どもをほめる行動をとった親は、たった5割程度でした。ほめた方が良いとわかっていて、親としてはほめているつもりでも、実際には声かけや行動でほめていないことがほとんどです。
 
何かができたときにほめるのは悪いことではありませんが、「○○ができるあなたはいい子」と言うのは、条件付きの賞賛。それがクリアできないと、悪い子になってしまうと、子どもは感じます。
 
「ほめる」とは、言動を「認める」ことです。結果を評価するだけでなく、頑張っているプロセスも認めることが大切です。「ほめなきゃ」と難しく考えず、子どもの頑張りを認める言葉をかけてあげましょう。

イラスト/犬塚円香 取材・文/中野洋子

  • Check

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧