もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

二重の対策が安心・安全につながる 家の中の事故を防ごう!

二重の対策が安心・安全につながる

家の中の事故を防ごう!

思いがけないところで起こる、子どもの不慮の事故。安全に思える家の中でも、子どもにとっては危険がいっぱいです。成長するに従い、行動範囲が広がることで、起こりやすい事故があります。子どもの事故に詳しい田中哲郎先生に、対策や心がまえについてお話しいただきました。

田中哲郎先生
元国立公衆衛生院母子保健学部長。厚生労働省「乳幼児死亡の防止に関する研究」「小児の事故とその防止に関する研究」に主任研究者としてかかわるなど、小児科全般の他、小児救急医療、事故防止研究などが専門。『新子どもの事故防止マニュアル』(診断と治療社)など著書多数。

子どもの心身の発達と発生する事故は連動している

子どもの事故の発生は、心身の発育発達の段階と深く関わりがあります。そのた、子どもの月齢や年齢によって、起こりやすい事故の種類が違ってきます。 

 

0歳児に多い窒息事故は、誤飲以外に、寝ているときに起こるケースが少なくありません。赤ちゃんが寝返りをうつと、まくらに鼻と口が塞がれます。フワフワした柔らかい寝具は、絶対に避けましょう。

また、枕元に置いたガーゼやタオルをつかみ、自分で顔にかけてしまうことがあります。よけられないまま、気づかないうちに、息事故に繋がることも起こりがち。タオル類だけでなく、寝ている枕元にぬいぐるみがあるのも危険です。

子どもの溺死事故は、2歳までがほとんどで、その約8割は家庭の浴槽で発生しています。他には、トイレ、洗濯機、ビニールプール、バケツなど、ごく身近なところで起きています。数センチの水でも、子どもは溺れることがあります。  

よちよち歩きから2歳になるまでは、浴室には必ず外鍵をかけ、浴槽に水をためておくこともやめましょう。対策を何重にもすることで、万が一事故が発生しても大事に至らずに済みます。

 

子どもの2カ月先の成長をみて早めの対策を

ハイハイができるようになると、何でも口に持って行き、誤飲事故が多くなります。気道につまらせて窒息することもありますから、子どもの立場で目を配り、手の届く範囲から飲み込む危険のあるものを排除することが大切です。飲み込んだものによっては、たちまち命の危険にさらされることもあります。一刻を争うこともあるため、吐かせる方法など応急処置を知っておきましょう。
 
一人歩きができて、動きが活発になる1歳以後、手をはさむ事故が起こります。勢い良く閉まるドアで、指の骨折や切断などの大怪我に繋がることもありますから、子どもがドアや窓の近くにいる時は、子どもの行動に目を配り、ゆっくり閉めるように注意します。
 
また、引き出しを開けたり閉めたりすることが、子どもにとっては面白く、繰り返すうちに指をはさむこともあります。引き出しをロックするなど、子どもの手で開けられない工夫をしましょう。ホームセンターなどで、子どもの事故防止グッズが手に入りますので、利用するのも良いでしょう。
 
子どもがテーブルクロスを引っ張って、卓上の熱い汁物をかぶってやけどをするケースもあります。子どもを抱っこしながらお茶や珈琲を飲むのも危険です。ヒヤッとした瞬間があったら、二度と同じことはしないように注意しましょう。
 
子どもの成長には個人差があります。ある日急につかまり立ちができたり、ソファによじのぼれるようになったりするものです。その月齢でできるようになる動きを目安に、2カ月先の成長を見越して、、早め早めの対策をすることが、不慮の事故を防ぎます。

 

 

日々のコミュニケーションで
繰り返し子どもに危険を教えて

親が子どもから一時も目を離さないことは難しいため、できるだけ子どもの目線で確認し、危険な状況を作らないようにしましょう。その上で子ども自身にも、何がどう危険なのかを教えることが大切です。
炊飯器やポットは子どもの手の届かないところに置くのはもちろん、湯気を見せて「あちちだから、触っちゃだめ」など、言葉を話さないうちからでも言い聞かせましょう。成長するにつれて、自然と理解していきます。
 
最近、特に心配なのが、スマートフォンに夢中になる親たちの姿。ベビーカーを押ながら、自転車に子どもを乗せながらの「ながらスマホ」は注意が散漫になって非常に危険です。家の中でもスマートフォンやパソコンに集中している間は、子どもから目が離れ、思わぬ事故が起こる危険性が高まります。インターネットやSNSの利用は、子どもが寝ている時間に限るなど、自分でコントロールすることが大切です。
 
社会や時代の変化に伴い、住環境や生活スタイルが変わってきていますが、子どもの事故内容は10年20年前とほとんど変わりません。先輩ママたちがしてきた工夫や対策を参考にすると、事故の予防に繋がるはずです。子育て経験者に直接話を聞いたり、インターネットや書物で調べてみるといいでしょう

喉にものが詰まったら、即座に吐き出させよう!

口に入れたものが喉に詰まると、窒息する危険があります。以下の方法で異物が取れるまで行いましょう。

0歳から

背部叩打法
 (背中を強く叩く)

頭を下げてうつぶせ状態にした赤ちゃんを、下あごを支えて片腕に載せ、背中の肩甲骨の間を掌で強く叩く。

 

0歳から

ハイムリック法
 (上腹部を圧迫する)

背後から抱きかかえ、両手を胃のあたりで組み、胸の方に数回、突き上げる。

 

 

情報収集のためにチェックしよう!

子どもを事故から守る! プロジェクト

子どもの月齢年齢別の安全チェックリストやアドバイスが詳しく紹介されているサイト。メール登録すると、子どもの思わぬ事故を防ぐための注意点や豆知識が毎週届きます。田中哲郎先生がサイトを監修。

http://www.caa.go.jp/kodomo/

 

日本中毒センター

誤飲した時の緊急問い合わせ先。タバコ、掃除用洗剤、農薬など、毒性のものを誤飲した場合など、電話相談に応じている

 

◎つくば中毒110番 (365日 9時~21時対応)
TEL.029-852-9999
◎大阪中毒110番 (365日 24時間対応)
TEL.072-727-2499
◎タバコ専用電話 (365日 24時間対応)
TEL.072-726-9922

 

イラスト/サカモトアキコ 取材・文/中野洋子

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧