もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

寝相アートに挑戦!

靴下やタオルなど身近なものを使って

寝相アートに挑戦!

いま、ママたちの間で人気の寝相アート。子どもの寝相を身近な小物を使って飾り、1枚の絵のように仕上げるおもしろ写真です。ブームの火付け役となった漫画家の小出真朱さんに、作り方のコツを教えていただきました。

小出真朱先生
漫画家。ツイッターで作品を発表したことがきっかけで、「寝相アート」人気の火付け役に。著書に『ねぞうアートの本 寝ている間にHAPPY赤ちゃん写真』(ぶんか社)がある。
http://nezoart.com/

使用したもの


シーツで地面、スカートでテーブルを作り、テーブルの上にスパッツでお皿を作る。

 

白タオルを使って2段ケーキを作る。

ケーキの1段目と2段目の間に、赤色靴下のつま先部と足首部を使って1足で4つのいちごを作る。

 

ケーキの上に色鉛筆とお菓子の包み紙でろうそくを作る。

コートやセーターを使って、子どものお尻の下と対面側に椅子を作る。椅子は同じ色で揃えるのがおすすめ。

自由に!パターンで!年齢に合わせて作ろう

寝相アートは、子どものかわいい寝相をもとに作品作りをしていくもの。作品のために子どもを起してしまっては本末転倒です。「寝姿を動かさない」ことを基本に作品作りをしましょう。
外遊びなどで体を存分に使った日は、睡眠が深くなって作品作りをしやすいかもしれませんね。

 

作り方のコツ

□フレームを決めてから構図を考える。

□地面を作る。※構図にしまりがでて、子ども周りの絵がはっきり!

□子どもと遠いところから物を置き始める。※子どもを起こさないため。

 

写真協力/『こんなにかんたん! ねぞうアートの本』ぶんか社 取材・文/山田治奈

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧