もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

ベビーカー問題をどう考える?

ベビーカーは?ママはどうしたらいいの?

ベビーカー問題をどう考える?

1枚のポスターがきっかけとなって議論が始まった「ベビーカー問題」。ベビーカーで乗り物を利用する場合の心がけや、周囲の理解について、育児工学者の小谷博子先生にアドバイスいただきました。

小谷博子先生
東京未来大学こども心理学部准教授。育児工学者としてさまざまな親子との出会いや自身の育児経験をもとに、出産による女性の脳機能の変化について研究。著書は『出産で女性は賢くなる』(ごま書房)ほか多数。2児のママ。

ポスター

 

子育て応援とうきょう会議事務局
(東京都福祉保健局少子社会対策部次世代育成支援担当課長)
中野多希子さん

ベビーカーの安全キャンペーンは、2007 年にベビーカーのタイヤが電車のドアに挟まり、そのままホームを引きずられたという事故が発端で始まりました。とうきょう会議では、赤ちゃん連れで外出する方も、周囲の乗客も、事業者や行政も、「赤ちゃんの安全に配慮しましょう」と呼びかけています。ポスター掲示などで、ご理解とご協力を求めることにより、子育てにやさしい環境づくりを目指しています。

ベビーカーを畳んでの乗車は赤ちゃんが危険

ベビーカーは大型化してきており、外国製などで畳めないタイプのものもあります。また、赤ちゃんを抱っこしながらベビーカーを畳むのは大変です。ママ1人でベビーカーを持って、赤ちゃんも抱っこして乗車するのは、とても不安定で、赤ちゃんを危険にさらすことになります。
 
現在、ほとんどの鉄道では、車内でベビーカーを畳むこととしていないため、「ベビーカーの赤ちゃんを連れて電車に乗っているママを、責めないで!」という気持ちです。
 
もちろん、混雑時にベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま乗車することは、赤ちゃんにとっても危険ですから、出かけるときは混雑時を避け、時間にゆとりを持
って行くように心がけましょう。

 

 

感謝と配慮の気持ちを忘れずに

最近では、少子化の影響もあり、赤ちゃんと接したことがない人も多くいます。赤ちゃんがいる生活にイメージがわかず、乗車している人の中には、ベビーカー自体を「じゃまだな」と思う方も少なからずいるでしょう。
 
ママ自身が、いろいろな人がいることを理解した上で、ベビーカーを運ぶのを手伝ってくれれば「ありがとう」と感謝の気持ちを、じゃまになってしまったら「ごめんなさい」と配慮しましょう。
 
赤ちゃんの安全を守りつつ、気持ちよく公共機関を利用できるよう、みんなで心がけましょう。

 

<赤ちゃん連れの方>
・駆け込み乗車など危険な乗り方をしない。
・周囲への気配りを忘れず、余裕を持った乗り降りを心がける。

<鉄道事業者>
安心して利用できるように、安全性の向上に努める。

 

<行政>
ベビーカーなどで子どもを連れて外出できる環境の整備を進める。

取材・文/高祖常子 イラスト/犬塚円香

  • Check
  • <前へ
  • 1
  • >次へ

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧