もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧

安全を選び行動する感性と知恵を大切に 赤ちゃんと家族を守る、わが家の防災!

安全を選び行動する感性と知恵を大切に

赤ちゃんと家族を守る、わが家の防災!

乳幼児がいる家庭では、地震や災害に備えて、どのような対策をしておいたらいいのでしょうか?
万一の時に対する心構えや備えておくと便利なもの、より安全な行動を選び取る力などについて、防災コーディネーターのあんどうりすさんにお聞きしました。

あんどうりすさん
アウトドア流防災・防寒コーディネーター、NPJ 認定ファシリテーター。阪神大震災の被災体験とアウトドアの知識を生かし、全国で「エコでナチュラルな防災講座」を開催。赤ちゃんからできる川遊びや山遊び、焚き火体験教室なども開いている。著書は『ちいさないのちをまもるママのた めのナチュラル防災講座』(自然育児友の会)。
http://plaza.rakuten.co.jp/risurisurisu/

防災対策は、家具の固定と安全な場所の確認から

防災対策というと、水や非常食を常備したり、持出袋を備えることが真っ先にイメージされるのでは? もちろんそれも大事ですが、まずしなければならない
のは、自宅の倒壊を防ぐ対策と安全の確認です。避難所生活は、授乳や子どもの泣き声などで周囲に気をつかい、かなりのストレス。家が無事なら避難所へ行かずに済みます。
 
大地震によって亡くなった方の多くは、倒壊した家屋や家具の下敷きになったことが原因です。背の高い家具は、壁にL型金具で固定したり、冷蔵庫は専用のストラップで固定するなどの対策をしましょう。窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ると、割れたガラスによる被害を防げます。
 
キッチンは、食器類や瓶など、割れる物が多く、地震の際には最も危険です。揺れた時にキッチンにいた場合でも、身の安全を確保することがまず最優先。最近のコンロは揺れると消火する機能がついているので、別の場所からわざわざ火を消しに行かないこと。子どもが後追いしたら、なおさら危険です。揺れている最中は、とても動ける状態ではありません。普段から家の中で安全だと思われる場所を確認しておくと、パニックにならず素早く移動できます。
とっさに子どもの体を守ろうと覆いかぶさるのは、ママの怪我で身動きがとれなくなることもあるのでNGです。

 

 

地域の危険箇所を確認し被災時のシミュレーションを

地震の発生が子どもと外出中の場合も想定して、いつもの散歩コースや児童館、公園、スーパーなどで、危険な場所や避難ルートをチェックしておきましょう。災害発生時は電話がつながりにくくなるため、家族で集合場所を決めておくか、災害用伝言ダイヤル(※1)の利用法を知っておくことも重要です。
 
戸外で揺れた場合、ブロック塀、家屋の屋根瓦、マンションのベランダからの植木鉢など、落下物が意外に危険。多くの自治体で防災マップを無料配布(またはサイト公開)しているので、それを入手して避難経路や帰宅コースを書き込み、歩いて確かめてみましょう。子どもをおんぶして移動するなど、シミュレーションしておくことが実際に役立ちます。

 

身を守る動きを楽しく教えよう!

危険から身を守る動きを、普段から子どもに教えておきましょう。それだけで身を守れるわけではありませんが、子どもたちの心構えにもつながります。

 

※1「災害用伝言ダイヤル」
被災地の通信が集中し、つながりにくい場合のサービス。「171+1+被災者の電話番号」で伝言を録音。「171+2+被災者の電話番号」で伝言を再生。

 

※2「緊急地震速報」
気象庁が震源近くで地震をキャッチし、最大震度が5弱以上と推定した地震で、震度4以上が予測される地域に対し、強い揺れが始まる数秒~数十秒前に速報が配信されるしくみ。国・地方公共団体が配信する災害・避難情報も、回線混雑の影響を受けずに受信できる。現在、docomo、au、ソフトバンクの特定の機種で受信可能。

取材協力:江東自主保育の会「どろんこ」 撮影/福田依子 取材・文/中野洋子

  • Check

もくじに戻る

カテゴリー別もくじ

miku's select

バックナンバー

読者アンケート

配本協力施設様一覧