こそだてPapaStyle

PapaStyle TOP > ビストロパパの料理講座 > 鍋たっぷり、あとから生姜すりおろし豚汁

こそだてTOP

ビストロパパの料理講座

昔から、「お袋の味」や「ママの味」はあるけれど、「パパの味」って聞かない。パパがキッチンに立ち、ママとは違うパパの味を披露したり、子どもやママのために料理することでコミュニケーションの時間も増える。「男の料理」とも違う、家族との時間を充実させるビストロパパの料理講座、スタート!>>ビストロパパからのメッセージ

鍋たっぷり、あとから生姜すりおろし豚汁 ><野菜

写真いつでも豚汁が食べられるって幸せ。
鍋いっぱいに作った豚汁。
鍋いっぱいに作った味噌汁。
同じようで、まったく違う。
ついつい、豚汁はお変わりしてしまいます。

まだ残っているので、明日の朝も楽しみ。


【レシピ】

材料(8人分~)

ごぼう 1/2本

にんじん *小

1本

じゃがいも *小

3個
絹豆腐 1/2丁
こんにゃく 1/2枚
だいこん 5センチ
しめじ 1/2パック
ねぎ 1/2本
しょうが 2かけ~
油あげ 1/2枚
豚小間切れ肉 200g
ごま油 大さじ1.5
味噌 適量
しょうゆ 少々
少々
すりごま 少々

A

 
・水 1500cc前後
・出汁昆布  
・かつお(出汁袋にいれる)  
・酒 100cc

作り方(30分~)

  1. ごぼう、にんじんは斜め切りして千切り。 じゃがいもは皮ごと8等分。絹豆腐はさいの目切り。こんにゃくは手でちぎる。大根は短冊切り。しめじはいしづきを切ってばらす。ねぎは小口切り。油あげは小さく切る。しょうがはすりおろす。肉は食べやすい大きさに切って熱湯で軽く下茹でする。
  2. 鍋にごま油と、ごぼう、にんじんを加えて炒める。じゃがいも、大根、こんにゃくを加え、肉と油あげ、Aを加えて煮込む。火が通ったら、味噌、しょうゆ、塩で味を調え、ねぎ、しょうが、すりごま、ごま油(分量外少々)を加えてできあがり。


アト辛おとな味:
・一味


子手伝い:

・こんにゃくちぎる

 

大鍋でたくさん作る時も、基本作り方同じです。
味噌はけっこう入れます。
味付けは、味噌以外に、しょうゆと塩で調整してもOK。

皆さんも、冬の豚汁ライフを楽しんでください。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴

  • Check