こそだてPapaStyle

PapaStyle TOP > ビストロパパの料理講座 > たたきごぼう

こそだてTOP

ビストロパパの料理講座

昔から、「お袋の味」や「ママの味」はあるけれど、「パパの味」って聞かない。パパがキッチンに立ち、ママとは違うパパの味を披露したり、子どもやママのために料理することでコミュニケーションの時間も増える。「男の料理」とも違う、家族との時間を充実させるビストロパパの料理講座、スタート!>>ビストロパパからのメッセージ

たたきごぼう 野菜

写真お正月のお節料理のメニューでもある、たたきごぼう。
父が好きでした。
ごぼうの食感や味わいは、他の野菜では味わえません。
根っこを、そのまま食べる醍醐味。
多めに作ればお節料理でもありますから2週間ぐらいはもつでしょう。
小腹がすいたら、たたきごぼう。

常備菜にしようかな。


【レシピ】

材料

ごぼう 200g

A

 

・うすくち醤油

大さじ2.5
・本みりん 大さじ1
・お酢 大さじ1
・すりごま 大さじ3~4

作り方

  1. ごぼうを洗って泥をとり、皮のまま、めん棒等で軽く割れるぐらいたたく。5センチぐらいの長さに切り縦半分に切る。
  2. 沸騰したお湯にごぼうを入れ、2分茹でたらざるに流して湯をしっかりきる。
  3. ボウルにAを入れて和えておき、熱いまま2を入れて和えてしばらく味をしみ込ませる。時間があれば冷蔵庫で冷やして食べる。


アト辛おとな味:
・七味

 

子手伝い:

・すりこぎで、ごぼうをたたく

 

味わい深い。
やっぱり、時間がたって、しみ込んだほうが美味しいですね。
しっかり噛む。
ごぼうを食べることで、しっかり咀嚼。

おのずと、健康になります。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴

  • Check