こそだてPapaStyle

PapaStyle TOP > ビストロパパの料理講座 > 焼きさんまの炊き込みごはん

こそだてTOP

ビストロパパの料理講座

昔から、「お袋の味」や「ママの味」はあるけれど、「パパの味」って聞かない。パパがキッチンに立ち、ママとは違うパパの味を披露したり、子どもやママのために料理することでコミュニケーションの時間も増える。「男の料理」とも違う、家族との時間を充実させるビストロパパの料理講座、スタート!>>ビストロパパからのメッセージ

焼きさんまの炊き込みごはん その他><魚貝類

写真さんまを買ってきたら、焼きさんまもいいけれど、炊き込みごはんにしてみませんか?

 

特にホームパーティーにおススメ。
たかがさんま、されどさんま。

普通の焼きさんまが、ご馳走に大変身です!


【レシピ】

作り方(40分)

材料(4~5人分)
  1. 油揚げは縦4等分、幅1センチぐらいに切る。にんじんは粗みじん切り。しょうがは皮むいて薄切りにして千切り。米は洗って30分以上水に浸す。 大葉は丸めて千切り。
  2. さんまの頭と尾を切り落とし腹を切り、内臓をすべてとり水洗いし、塩(分量外)を振ってグリルで焼き色がつくまで焼く。
  3. さんまが2尾ならぶぐらいの鍋に、米とAを入れて混ぜ合わせ、にんじん、油揚げ、しょうがを加え、2のさんまを並べて蓋をし強火にかける。沸騰したら弱火で13分。15分ほど蒸らす。蓋をとり、さんまを開いて中骨を取り除き、しゃもじで全体をかきまぜ、大葉をかけてできあがり。

さんま

2尾
油揚げ 1枚
にんじん 1/2本
しょうが 1かけ
2合
A  
・出汁(昆布とかつお)
※水でもOK。その場合出汁昆布1枚入れて炊く
360cc
・薄口しょうゆ 大さじ1.5
・料理用清酒 大さじ3
・本みりん 大さじ1
・塩 小さじ1.5
大葉 10枚

 

アト辛おとな味:
・黒七味

・バター

 

子手伝い:
・さんまに塩をふる
・さんまの中骨をとる
・かき混ぜる

・よそう

 

さんまの油がちょうどいい具合に、炊き込みごはんとあいます。
さんまの塩かげんもいい。
ごはん2合で、たっぷり楽しめます。

ぜひどうぞ。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴

  • Check