こそだてPapaStyle

PapaStyle TOP > ビストロパパの料理講座 > 塩、こしょうの味付けのみ。玉ねぎチキンスープ

こそだてTOP

ビストロパパの料理講座

昔から、「お袋の味」や「ママの味」はあるけれど、「パパの味」って聞かない。パパがキッチンに立ち、ママとは違うパパの味を披露したり、子どもやママのために料理することでコミュニケーションの時間も増える。「男の料理」とも違う、家族との時間を充実させるビストロパパの料理講座、スタート!>>ビストロパパからのメッセージ

塩、こしょうの味付けのみ。玉ねぎチキンスープ ><野菜

写真こんな美味しいスープあったでしょうか。
しかもシンプル。

 

鶏と野菜からしっかり出汁をとることで、味付けは塩とこしょうだけで十分。
美味しさのポイントは、玉ねぎ。
畑の採れたてをいただきました。

お裾わけの玉ねぎで感動のスープに。


【レシピ】
作り方(25分) 材料(5~6人分)
  1. 玉ねぎはスライサーで薄切り。じゃがいもは皮をむいて8等分。にんじんは乱切り。舞茸は手でばらす。トマトはざく切り。キャベツは千切り。
  2. 鍋に水と塩(小さじ1/2*分量外)を入れ、鶏むね肉を入れて茹でる。あくがでてきたらとる。鶏もも肉に火が通ったら取り出して手でさく。
  3. 2の鶏だし汁に、玉ねぎ、にんじんを加えて煮込む。少したったら残りの野菜とローリエ、白ワイン、2の鶏を加えて煮込む。にんじんが柔らかくなったら、塩、粗ひきこしょうで味を調え、刻んだパセリをかけてできあがり。

玉ねぎ

1個
じゃがいも 2個
にんじん 1本
舞茸 1パック
トマト 1個
きゃべつ 1/8カット
鶏むね肉 ※スープに使うのは半分ぐらい 300g
ローリエ 1枚
小さじ1.5
粗挽きこしょう 少々
白ワイン 大さじ3
水 ※具がひたるぐらい 2リットル~
パセリ 1茎

 

アト辛おとな味:
・粗挽きこしょう

 

子手伝い:
・じゃがいもの皮むき

 

ごはんにかけて食べても美味しいスープ。
お味噌汁の具にも、玉ねぎ入れます。
玉ねぎの甘味で味噌汁も味がレベルアップ!

玉ねぎは常備野菜ですね。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴

  • Check