今週の育児コラム

育児用品の選び方

子育てしながら働く


子育てしながら働くお母さんが増えています。でも、お父さんの帰宅が遅い場合、お母さんが家事育児のほとんどを担うことになり、負担が大きくなってしまいます。毎日バタバタして余裕がないなら、1日のタイムスケジュールを書き出してみましょう。お父さんが担えるところも改めて相談しましょう。


30分早く起きる、夕食の下ごしらえを朝する、買い物は宅配を利用するなども一案です。子どもを連れ帰ってからの夕食とお風呂の順番を逆にしたら、スムーズになったという話もあります。いろいろ微調整してみましょう。仕事のスタイルも、在宅勤務を取り入れるなど変革し始めている企業もありますから、力を発揮しやすいような働き方を会社に提案してみるのも一案です。働きやすく生活しやすいように、客観的に見て、変えていきましょう。


text by Tokiko Koso


子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード