今週の育児コラム

育児用品の選び方

子どもへのお金教育


子どもにはお金のことはわからないからと、すべて親が判断していませんか。もちろん小さい頃の基本はそれでいいと思いますが、物を買うときにはお金がかかること、際限なく買うことはできないこと、我が家はこういうことを大事にお金を使っているということを伝えていくことが大切です。すべてお金は親が管理して、判断基準も教えていなければ、自分がお小遣いをもらったときなどに、どんな基準でどのようにお金を使うのか、無駄に使わないことも考えるようになるでしょう。
 

会社勤めの場合は働いている姿が見えにくいものですが、仕事をしてお金をもらっていること、そのお金で食べ物や洋服を買っている、家族の旅行に使っていることなども伝えていきましょう。「○歳になったら」ではなく、話ができれば日常の場面で、伝えていきましょう。


text by Tokiko Koso

【-PR-】


子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード