今週の育児コラム

育児用品の選び方

子どもの発達の心配


最近では小さく生まれる赤ちゃんも多いため、母子手帳の乳幼児身体発育曲線より下回っていると、とても心配になるお母さんも多いでしょう。
 

早産児の場合には誕生日よりも、出産予定日から数えた月齢を目安にすることもあります。基本的には、平均値やほかの子どもと比べるのではなく、その子どもの成長の変化を把握するようにしましょう。成長曲線は、その子なりのカーブが描けていて、きげんがよく、体重も増加していれば心配ないことが多いものです。定期健診のときや、小児科や地域の保健所で相談してみましょう。
 

成長に伴って、言葉の遅れや、コミュニケーションをとるのが難しいと感じる場合にも、小児科医などに相談しましょう。子どもの状況を適切に把握することで、その子に合った声かけや対応をすることができるでしょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter