今週の育児コラム

育児用品の選び方

専業主婦も一時預かり


働いていないのに「子どもを預けるなんてかわいそう」と思ったり、預けることに罪悪感を覚えてしまう人が少なくありません。でも、専業主婦の方が働く母親より子育てのストレス度が高いというデータもあります。体と心が疲れているときにはもちろん、時には子どもと離れる時間を作って、自分の将来や、やりたいことを考えたり、本を読んだり講座に出るなどインプットしたりリフレッシュする時間を取ることはとても大切です。
 

子ども自身にとっても、一時預かりやファミリーサポートなど、他の大人と接することは、いろいろな人がいるという多様性を知るためにもとても重要なことです。預け先で他の子どもと遊んだりコミュニケーションをとることは、社会性を育みます。お母さんもリフレッシュしたらまた子どもと向き合う力が湧いてくるでしょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter