今週の育児コラム

育児用品の選び方

親子で嬉しい抱っことおんぶ遊び


赤ちゃんと遊ぶとき、抱っこやおんぶするだけでも遊びになります。
 

乳児の場合は、抱っこやおんぶして、ゆらゆら。歌を歌ったりリズムに合わせて歩いてみましょう。赤ちゃんも筋力や体力がついてくると、腰が立つようになり、抱っこがしやすくなります。自分でお母さんの肩にしっかり捕まれるようになったら、お尻を支えている手をそっと離してみましょう。自分でぶら下がることができたりします。
 

走れるようになれば、親は中腰で待っていて、子どもが飛びついてくるところをキャッチ。おんぶは、子どもに親の背中をよじ登らせてみましょう。子どもの成長に合わせて、抱っこやおんぶでの触れ合い遊びを考えてみてくださいね。
 

抱っこやおんぶすると、体が密着してぬくもりを感じます。安心感や信頼感を育むことにもつながります。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter