今週の育児コラム

育児用品の選び方

カッとして子どもを叩く前にするべき事


「子どもの行動にカッとしてつい叩いてしまい、いつも後悔する」という親の声があります。子どもが泣きやまない、言うことを聞かない、ぐずるなどは、その年齢によく見られる成長の過程であることも少なくありません。疲れや体調不良、きょうだいへのヤキモチなどでも起こります。
 

カッとした瞬間、子どもが目の前にいるから叩きたくなるもの。少しクールダウンしましょう。深呼吸する、数を数える、(子どもが安全な場所にいれば)自分がトイレに入る、手を洗う、顔を洗うなども心を落ち着かせる効果があります。
 

すぐにカッとなりやすい場合は、何らかの大きなストレスや疲れを抱えているからかもしれません。夫婦で話し合う、専門家に相談する、託児を利用して心身のリフレッシュを図るなど、ストレスを軽減する方法を探りましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter