今週の育児コラム

育児用品の選び方

「食べこぼし」にイライラするより「こぼす」を前提に


せっかく作ったご飯を子どもが食べこぼすと、イライラしてしまいますよね。子どもも、食べる練習をしている最中。だんだんと食べるのが上手になっていきます。幼児は食べこぼすことがあっても、仕方のないこと。こぼされてもいいようにテーブルの上をさっとふけるようにしたり、ベビーラックの下に新聞紙を敷いて、食事後にさっと片づけられるような工夫をしてみましょう。
 

食べやすい工夫をしてみるのも一案。食事時はテレビを消して食事に集中させ、食材は食べやすい大きさに切ったり、フォークで刺しやすくしたり。最初は手を添えて口に運んであげて、その後自分でやらせましょう。
幼児の場合、昨日できなかったことが今日できたり、甘えや疲れから、昨日できたのに今日はできないこともあります。少し長いスパンで見るようにしましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter