今週の育児コラム

育児用品の選び方

赤ちゃんは胸で抱っこ


新米お母さんやお父さんの場合、こわごわ抱っこしていることがあります。親の腰のあたりで抱っこしたり、支えようと手首に力を入れて抱っこすると、抱き方がぶらぶらと不安定になり、赤ちゃん自身も不安定。居心地がよくないために、泣きやまないことがあり、親の腕も疲れます。


首がすわっている赤ちゃんならしっかり胸を合わせて、お尻を手のひらでなく腕で支えましょう。基本的には両手を添えますが、ちょっとした用なら、少しの間、片手で赤ちゃんを抱っこすることができます。


紐を使わずに手でおんぶする場合、赤ちゃんが自分で親の肩に捕まる力が必要ですが、親の両腕を後ろに回してお尻を支え、赤ちゃんを肩で背負う位置が、安定します。
抱っこ紐やおんぶ紐の長さを調整する場合の、赤ちゃんの位置の参考にしてください。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter