今週の育児コラム

育児用品の選び方

忘れ物が多い


保育園・幼稚園児の場合、年少くらいまではまだ身支度を自分でするのは、難しいでしょう。子どもによりますが、置き場所を工夫すると、「タオルとコップを入れる」など簡単なことは少しずつできるようになります。


子どもの手の届く場所に、扱いやすいようになっていれば、夜、支度をしてから寝るなど毎日のリズムに組み込んでみましょう。忘れる日もあり、また自分でやりたくない、甘えて親と一緒にやりたい日もあるでしょう。親が必ず確認して、自分でできたときにほめると、持ち物を用意できる日が増えてくるでしょう。


小学生低学年くらいは、自分で準備できるように促し、忘れ物がないかを一緒に確認しましょう。
 

親自身も、園や学校行事に関心を持ち、用意するものなど把握し「今度の工作で○○を使うのでは?」など、声かけするといいですね。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter