今週の育児コラム

育児用品の選び方

食物アレルギーを公表


子どもが食物アレルギーであることを、伝えたくないというお母さんもいると思います。アレルギーを持っていることが人と違って恥ずかしいという思いを持ってしまう人もいるようですが、決して恥ずかしいことではありません。
 

子ども同士遊ぶようになると、おやつを分け合う場面もありますから、機会があれば「うちの子は、○○のアレルギーなんです」と伝えておきましょう。子ども自身にも言葉がわかるようになったら、「○○を食べると、△△になっちゃうから、おやつをもらったら食べられるかどうか、お母さんに聞いてね」などと伝えておきましょう。


子ども自身が自分でアレルギーについて知っておくこと、そして周囲に知らせておくことはとても大切。チェックの目が多くなることは、子どもの身を守ることにもつながります。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter