今週の育児コラム

育児用品の選び方

遊びを広げるヒント


子どもは放っておくと、自分でいろいろは遊びを発明していきます。そんな場合は、大人は見守ること、待つことがとても大切。でも、「自由に遊んで良いよ」と言われると、困ってしまう子どももいます。そんなときには、大人が遊びの提案をし、発想を広げていくお手伝いをしましょう。
 

たとえば動物園に行く予定があれば、絵本や図鑑を見て、「どんな動物に会えるかな?」と期待をふくらませ、実際に見に行く。子どもと会話を楽しみながら、動物の様子を観察し、家に帰ってきたら、絵を描いてみたり、切り紙で表現したり、粘土で作ったり、ぞうになったつもりで遊んだり、図鑑で調べたり。「ぞうって、どんな所に住んでいるかな?」と想像してみたり。勉強に誘導せず、親は子どもの言葉を聞いて、興味関心に合わせた道具や環境を提供してあげましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter