今週の育児コラム

育児用品の選び方

誤飲,落下,お風呂で溺れる…頻発する家庭内の事故


家庭内の事故で、ケガをしたり命を落とす子どもが少なくありません。タバコや洗剤、化粧品などを誤飲したり、残していた風呂水におぼれたり、ベランダから落ちてしまうということもあります。
 

まだ話ができない乳幼児期はもちろん、言い聞かせてわかる年齢になっても、子どもの好奇心がまさってしまう場合もあります。多くの時間を過ごす家庭では、事故が起きないような工夫と配慮をしましょう。防災などのために風呂水を残しておくなら、子どもが入れないようにしましょう。空の植木鉢などが踏み台代わりになる場合もありますから、ベランダには、登れるようなものを置かない工夫をしましょう。
 

誤飲の原因になるものは、手の届くところに放置せず、子どもが開けられないところに片づけましょう。子どもの目線で、チェックし配慮することが大切です。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter