今週の育児コラム

育児用品の選び方

安産と難産


陣痛の時間が長くかかると難産と考えがちですが、安産か難産かは、出産するお母さんの気持ちによるところが大きいようです。最近では自然分娩にこだわる方もやや多く、帝王切開になると難産と思って、自然分娩できなかったことに後悔し、その気持ちをずっと引きずってしまう方もいます。一方で、帝王切開の出産になっても、「私は安産だった」と考える人も少なくありません。
要は、出産するお母さん自身が、安心安全に出産にのぞめたかということが、安産かどうかの、尺度になるようです。
 

妊娠中、親が結婚や出産に反対しているなどがあると、それがストレスになって、子どもを迎える気持ちが整わず、陣痛に耐えられなかったり、いきみがうまくできず、難産になることもあるようです。赤ちゃんを受け入れる気持ちも、安産に働きます。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter