今週の育児コラム

育児用品の選び方

おねしょが子どものプレッシャーにならないように


年中さん、年長さんくらいになると、だんだんとおねしょをしなくなっていく子が多い中、おねしょが治らないと、親としても心配になりますね。おねしょが治らないと、親もおねしょの始末でイライラしたり、子ども自身、自分を責めて、自己肯定感が低くなってしまいがちです。
 

個人差はあるものの、ほとんどの場合は、成長と共におねしょをしなくなっていきます。だからこそ、自然に治ると放っておいて、子どもが心にダメージをおうケースも少なくありません。
 

年中さん、年長さんで、おむつが取れているのに、おねしょが多い場合には、夜、摂取する水分量を減らしたり、夕食を3~4時間前に摂り、膀胱にたまるおしっこの量を減らすなど、生活面の改善を始めましょう。小学校に入っても続くようなら、早めに医師に相談しましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter