今週の育児コラム

育児用品の選び方

どうして食べ物で遊ぶの!キーッ!


やっと自分で食べられるようになった離乳食後期から1、2歳の頃。食べ物を投げる子がいます。食べ物を大事に扱わない子になっては大変。でも、どうしつけたらと悩むお母さんも多いようです。
 

このころの子どもにとって、食べ物も不思議でおもしろいもの。おもちゃは遊ぶもの、食べ物は大切に食べ、投げてはいけないという区別が、よくわかっていません。


食べ物を投げたり、ぐちゃぐちゃにしたり、落としたり……。遊び食べを始めたら、「もうおなかいっぱいね、ごちそうさましましょう」と、さっと片づけましょう。何度も繰り返しますが、根気よく伝えて行くことが大切です。おなかが空いていたら、まずは食べることが先になるはず。食事やおやつの時間帯を見直したり、日中体を動かして空腹になるようにすれば、遊ばず食べるようになります。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter