今週の育児コラム

育児用品の選び方

食べ物の好き嫌い


なるべく好き嫌いがない子に育てたいと思っても、好き嫌いがあるのは当然のこと。きょうだい同じものを食べさせていても、上の子と下の子の嫌いなものが違うというのはよくある話です。親の嗜好にも影響されます。親が嫌いな食材やメニューは食卓に並ぶことが少ないでしょうし、親がおいしそうに食べていなければ、子どもも嫌いになる傾向もあるようです。
 

まずは親自身が好き嫌いをなくして、できるだけいろいろな食材を取り入れるよう心がけること。そして、食べられなかったら、調理法や味付けを変えてみたり、子どもと一緒に作ってみましょう。
そうは言ってもどうしても苦手なものは、大人だってあるはず。食べられない時に罰を与えるなどは、食事が苦痛になります。時期が来れば食べられるようになることもありますから、気長に構えましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter