今週の育児コラム

育児用品の選び方

異年齢遊びしよう


保育園では、異年齢遊びを積極的に取り入れているところもありますが、公園などでの外遊びが減っていることもあり、異年齢で遊ぶ機会が減ってきています。


同年齢だと、ぶつかり合ってしまったり、お互いが自分の主張ばかりしたりということもありますが、年上の子がいると、ルールを決めたり、アイディアを出してくれることもあり、遊びが豊かに発展していきます。小さい子どもと遊ぶことで、一緒についてきているか気にかけたり、手を引いてあげたり、自然と配慮する行動も見られます。


きょうだいがいる場合は、毎日異年齢の子どもと接しているわけですが、上の子はいつもお兄ちゃんの役割ということになり、それぞれの役割が固定化してしまいます。一人っ子でなくても、異年齢で遊ぶ場所や機会を作りだしてあげるといいですね。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter