今週の育児コラム

育児用品の選び方

我が家が友だちのたまり場になって心配?


幼稚園・保育園時代は、親同士知っている間柄で、遊ばせ合ったり。でも、小学生になると、子ども同士で約束して、相手の家で遊ばせてもらうことも増えてきます。親が仕事などで留守がちだと、その家では遊べなかったりして、遊べる家がだんだん固定化してしまうことも。遊び相手が来てくれることはありがたいと思いつつ、ゲーム遊びの時間がルーズになったり、外遊びをしなかったり。子どもの勝手な遊び方を負担に感じるお母さんもいるかもしれません。
 

お母さんが負担に感じるなら、わが子にも相談し、最初にわが家のルールを提示しましょう。「○曜日は遊べない」「家で遊べるのは○時まで」「ゲームは○時まで、その後は外で遊ぶ」「片づけはみんなで」など。子どもたちが遊びに来たときに伝え、その時間になったら、声をかけて守らせましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter