今週の育児コラム

育児用品の選び方

ミルクや母乳を吐いても慌てない

ミルクや母乳を飲ませた後に、ゲップをさせますが、これは授乳時に赤ちゃんが空気も一緒に飲み込んでしまうため。ゲップが出ても出なくても、吐くことがありますし、吐きやすい赤ちゃんと、吐きにくい赤ちゃんもいます。吐きやすい赤ちゃんの場合には、吐いた億杯やミルクで気管がふさがってしまわないように、おっぱいやミルクを飲んだ後、しばらく抱っこしている、上向きに寝かさないなどしましょう。


赤ちゃんの胃はとっくり状になっているために、吐きやすいのですが、噴水のように吐く、機嫌がよくない、吐き続ける、体重の増えが悪いなど場合には、小児科医に早めに相談しましょう。
 

飲み過ぎで吐く場合もあります。生後2~3カ月くらいになると、赤ちゃん自身、飲む量を少しずつ調整できるようになり、だんだんと吐かなくなります。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter