今週の育児コラム

育児用品の選び方

専業主婦でも楽になるなら託児利用


「託児」というと働く母親が利用するというイメージ。でも、仕事から離れて育児に専念している母親の方が、働く母親よりもストレスを強く感じているという調査結果もあります。親や親戚が近くにいなかったり、近所とのコミュニケーションが薄くなっているのも原因。働いていると、体力的にハードな部分はありますが、職場という別な環境があるため、気分を変えられるという母親も少なくありません。


専業主婦の場合、父親の帰りが遅いと、1日のほとんどの時間、子どもと2人の生活。言うことを聞いてくれないイライラもあるでしょう。母親が病院に行きたくても、子どもを連れて行けないということも。地域のファミリーサポートでは、理由を問わず子どもを預かってくれます。専業主婦のお母さんも、時には利用してみてはいかがでしょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter