今週の育児コラム

育児用品の選び方

乳幼児健康支援一時預かり事業


保育園に通っている子どもが病気になると、お母さんやお父さんはついていてあげたいもの。でも、病状が回復してきても、なかなか登園できないと仕事の都合をつけるのも大変です。近くに祖父母がいる場合は、預かってもらったり、仕事中、自宅で子どもを見てもらって切り抜けている方もいるでしょう。


各地方自治体のファミリーサポートなどのシステムでは、感染症以外の回復期にある病児を預かってくれるケースもあるようです。また、全国で進められている事業として、乳幼児健康支援一時預かり事業というものもあります。医療機関や保育園に併設されている場合が多いのですが、看護師や保育士が保育にあたっています。地方自治体によって受け皿も違うようですから、事前に役所などに問い合わせて情報収集し、万が一に備えておきましょう。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter