今週の育児コラム

育児用品の選び方

目が腫れている


産まれたばかりの赤ちゃんは、産道をすり抜けてきたばかりですから、目が腫れていることがよくあります。日が経つごとに腫れが引いていきますが、片方の目の腫れだけが残っていることもあります。これもじきに腫れが引きますから、心配いりません。


赤ちゃんが産まれるとすぐに、ブドウ球菌やクラミジアによる新生児眼炎を予防するために目薬をさしますが、この目薬が刺激になって、目が腫れることもあるようです。


また、上のまぶたの筋肉が弱く、上のまぶたが目にかぶさっている状態になっていることがあります。これは眼瞼下垂と呼ばれるものですが、とてもまれな病気です。


瞼下垂がひどい場合には、視力の正常な発達が損なわれる可能性がありますから、時期を見て上のまぶたの筋肉を縫い縮める手術を受ける場合もあります。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter