今週の育児コラム

育児用品の選び方

ミルクを吐きやすい


おっぱいやミルクを飲んだ後、赤ちゃんがダラダラと吐いてしまうことがあります。これを溢乳(いつにゅう)や吐乳と言います。


赤ちゃんの胃はとっくり型で、しかも胃の入り口の筋肉の締まりがよくありません。飲んだ後、赤ちゃんを横にしたり、また、ミルクを飲むときに空気も一緒に飲み込んでいるのに、ゲップがうまく出ないときは、ピューッと吐いたり、ダラダラと吐くことがあります。


吐いた後、ケロッとしていて元気なら、特に心配はいらないでしょう。胃の入り口の筋肉は、成長にしたがって、自然に閉まってきます。首がしっかりしてくる生後2~3カ月くらいからだんだん吐く回数が少なくな り、1歳くらいには吐かなくなるでしょう。


ただし、体重の増えが良くなかったり、ずっと機嫌が悪い場合は、早めに病院へ。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter