今週の育児コラム

育児用品の選び方

おっぱいを飲まないとき

せっかく母乳で頑張ろうと思っていたのに、赤ちゃんが生まれたばかりのころ、なかなかおっぱいを飲んでくれないことがあります。


そんなとき、「なかなか飲んでくれないのは、きっと母乳が出ていないせいだろう」と思って、母乳をやめて、すぐにミルクに切り替えてしまうのは大きな間違いです。


おっぱいが張っているのに飲んでくれないときは、おっぱいが勢いよく出すぎるために、赤ちゃんがむせて上手に飲めないこともあります。


また、乳首が固く、乳管(おっぱいが出てくる穴)が開通していないと、おっぱいがなかなか出てこないため、赤ちゃんが怒って乳首から口を離して、泣いてしまうこともあります。


まず、おっぱいをあげる前に乳輪をマッサージしましょう。乳輪が柔らかくなり乳管が開いて、おっぱいが出てきます。少し手絞りしてからあげると、勢いよく出すぎず、赤ちゃんも飲みやすくなります。


text by Tokiko Koso

  • Check

子育てお役立ち百科は携帯からもアクセスできます
【こそだて】モバイルはこちらから →
こそだてモバイルQRコード
PapaStyle
こそだてFacebook
こそだてTwitter