わがこがいちばん!- 成長の記録を残そう

撮影するときの工夫と注意

どんなに高性能なカメラを持っていても、それだけで良い写真が撮れるわけではありません。ちょっとした注意と工夫で、失敗を減らしてわが子がよりかわいく撮れます。
 

1,カメラの目線と距離

デジタルカメラはモニター画面を見ながらの撮影がほとんどになります。赤ちゃんや小さな子どもの目線は、撮影者であるお父さん、お母さんの顔を追うことになりカメラの方を向いてくれません。そうならないためにも、カメラはできるだけ撮影者の目の高さに構え、さらに、撮影者は自分の目の高さを子どもの目の高さに揃えると、自然な笑顔を捉えやすくなります。
また、シャッターを押す前にもう一歩前に。人間の目は、視野に入っていても意識しないところは無視するようになっています。撮影対象に集中していると画面に必要以上に空間や余計な物が入っていても気が付きません。できあがった写真を見て、もっとアップで撮ったと思ったのに、ということになりがちです。
 

2,フラッシュを使うべきか

感度が決まって撮影可能な明るさに制限があったフィルムでの撮影と違い、デジタルカメラは電気的な処理で画像を記録するので、撮影可能な明るさの許容範囲は随分大きくなりました。手ぶれ防止機能や顔認識機能のおかげで、少々のことならフラッシュを焚かなくてもカメラが何とかしてくれます。そうはいっても暗いところや逆光、光の色が特殊な所などではフラッシュを焚いた方が自然に撮れます。
プログラムオートで撮影すれば、何も考える必要はないかも知れませんが、あえてフラッシュを焚かない写真も撮って比べてみましょう。画面全体が自然で柔らかい写真に仕上がって、いい感じのことも多いはずです。
 

3,表情を撮ったら、構図も工夫

お宮参りや初節句などの行事や、初めてのたっち・あんよなど全体(状況)を撮らないといけないときは別として、子どもの写真はアップで表情や仕草を撮るのが基本です。先ずはアップで撮影したら、ちょっと引いて構図を工夫して撮影してみましょう。
水平線や床のラインが画面にはいるとき、同様に壁や柱の縦のラインも、そのラインを真ん中に持ってこないで、天地や左右の1/3や2/3のところに置くと落ち着きます。
また、後ろ姿や横顔なら、シルエットや陰影を活かすことで、奥行きと雰囲気のある写真になります。

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter