子連れでお出かけ"

2008/12/23

アメリカへはESTAの申請が必要

観光などの短期滞在(90日以内)目的でアメリカを訪問する場合は、査証(ビザ)が免除されていました。しかし、2009年1月12日からアメリカの入国制度が大きく変更され、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って申請を行い、認証を受けていないと、アメリカ行きの航空機等への搭乗やアメリカへの入国を拒否されます。


申請はインターネットで行います(無料)。申請内容は、これまでアメリカ入国の際に提出していた出入国カード(I- 94W)と同じで、名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、いくつかの質問に対し、はい、いいえで答える形式です。具体的な情報を書き込む欄は、全て英語(ローマ字)で書き込まなければなりません。
インターネット環境がない人や、英語が不安な人は、旅行代理店などで代理申請して貰うことも可能です。


ハワイツアーやグアムツアー等のパッケージツアーには既に代理申請料金が含まれている場合もありますので、事前に確認しましょう。


ESTAの申請ページには、「米国に入国するすべての渡航者は、搭乗前にこのシステムを用いて電子渡航認証を取得することが義務付けられています」とあります。しかし、外務省のホームページでは、仮に回答が保留された場合は、72時間以内の回答となっているので、申請は直前ではなく72時間以上前に申請することを勧めています。


一度認証されると、2年間(ただし、パスポートの期限が先に来れば、その日まで)有効です。具体的な渡航予定が無くても申請可能ですので、早めの申請が良いようです。もちろん、子どもでも必要ですので、パスポートを取得したら申請しておくと安心です。


外務省:米国へ渡航される方へ:ESTA(エスタ)に申請してください
米国大使館-電子渡航認証システム(ESTA)(日本語)
ESTA申請ページ(日本語)

  • Check

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter