我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

七草粥、蓮根つくね、白和え   < 幼児食 >

離乳食写真

pたん さん からのコメント
主食やたんぱく質にお野菜を色々と混ぜ込みながらたくさん摂れるようにしました。子供用には薄めに味付けし、大人用にはあとから調味料を付け足すことで一度に作っています。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料
 

<七草粥>

・大根の葉  
・葱  
・キャベツ  

・炊けたご飯

 
・塩  
   
<蓮根つくね>(2人分)  
・鶏ミンチ 250g
・蓮根 5cm
・葱 1本分
・片栗粉 大さじ1~
   
<白和え>
・絹豆腐  
・ほうれん草  
・人参  
・味噌  
・砂糖  
・鰹節  

<七草粥(大根葉、葱、キャベツお粥)>

  1. 野菜はそれぞれこまかく切っておく。
  2. 小鍋にご飯と作りたい柔らかさにあったお水を入れ、お粥を作る。
  3. 野菜を入れて火を通し、最後に塩で味付けする。

<蓮根つくね>

  1. 葱は小口切りにする。
  2. 蓮根の皮を剥いて細かいみじん切りにする。
  3. ボウルにすべて入れてねばりが出るまで混ぜる。
  4. フライパンに油を敷いて弱火で蓋をして両面焼く。

※付け合せのキャベツはいつも千切りにしてレンジでくったりするまで加熱しています。
※大人はこの後照り焼きにしています(醤油、酒、砂糖、みりんを各同量)。
※蓮根がまだ噛めない時期は摩り下ろしていました。

 

<白和え(ほうれん草、人参)>

  1. 豆腐は耐熱器に入れてレンジで蓋をせず2分加熱し、水気を切る。
  2. 温かいうちに鰹節、味噌、砂糖を少々加えて豆腐をフォークで潰しながら混ぜる。
  3. ほうれん草とにんじんはそれぞれレンジで加熱し、小さく切る。
  4. 豆腐に野菜を加えて和える。

※ほうれん草に醤油をたらして絞ってから和えても美味しいです。

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/561

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter