我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

トマト麻婆豆腐   < モグモグ期 >< カミカミ期 >< パクパク期 >

離乳食写真

カナコ さん からのコメント
鶏ささみのひき肉を使えば、モグモグ期から食べられます。月齢に応じて野菜スープを市販の鶏ガラスープに変えたり、サラダ油をごま油に変えたりすればさらに風味がよくなります。


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料(すべて適量)
・トマトまたはミニトマト
 
・豚赤身肉または鶏ひき肉
 
・豆腐
 
・長ねぎ
 
・野菜スープ※
 
・サラダ油
 
・塩
 
・水溶き片栗粉
  1. トマトは湯むきし、豆腐とともに月齢に応じたサイズに切る。
  2. ひき肉とトマトをサラダ油で炒める。
  3. ひき肉の色が変わったら豆腐、みじん切りにした長ねぎ、野菜スープを加えてひと煮立ちさせる。
  4. 塩で味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつける。※野菜スープはキャベツ、にんじん、かぶ、玉ねぎなど数種類の野菜を組み合わせて煮込み、濾したもの。

離乳食用の野菜の下ごしらえをしたときに、製氷皿に入れて冷凍しています。

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/496

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter