我が家の離乳食レシピ

離乳食作りには、みなさんそれぞれの苦労や工夫が有るようです。離乳食レシピを公開しているたくさんのブログから、編集部の独断と偏見でアレルギー対応表示と共にご紹介します。また、自薦・他薦で離乳食レシピブログの推薦もお待ちしています。→推薦はこちら

※離乳食の進み具合には個人差があります。必ず試食をして、赤ちゃんに食べさせるかどうかは、保護者の方がご判断ください。食事中は、赤ちゃんから目を離さないようにお願いします。

納豆・ツナ巻き、大根と厚揚げの煮物、茶碗蒸し、他   < カミカミ期 >< パクパク期 >< 幼児食 >

離乳食写真

まきこ さん からのコメント
※各料理ごとにコメントを頂きましたので、レシピの最後にそれぞれ掲載しています。(編集部)


アレルギー対応表示(材料をもとに表示)
※食物アレルギーをお持ちの場合は、具材の工夫をお願いします。

卵 牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
牛乳 落花生 そば 小麦 大豆
材料(すべて適量)
<納豆巻き・ツナ巻き>
・納豆
・ツナ
・ごはん
・のり
 
<大根と厚揚げの煮物>
・大根
・厚揚げ
・しょうゆ
・酒
・みりん
・砂糖
・だし汁
<じゃがいもチーズ>
・じゃがいも
・スライスチーズ(プロセスチーズでも可)
 
<茶碗蒸し>
・ほうれん草  
・しめじ
・卵
・だし
 
<にんじんと白菜の味噌汁>
・にんじん
・白菜
・だし汁
・味噌

<納豆巻き・ツナ巻き>

  1. 納豆とツナを湯通しする。
  2. 俵型のおむすび型に半分弱の量のごはんを入れ納豆(ツナ)をのせる。
  3. 具の上にごはんをのせて、型をして整形。
  4. のりを巻いて食べやすい厚みに切る。
  5. 縦にも数箇所のりに切り込みを入れる。

ツナはオイル不使用のものを使用していますが、塩分が多いので湯通ししています。のりは噛み切りにくいので、細かく切ったほうが食べやすいと思います。ごはんは酢飯ではなくそのままで使用しました。
 

<大根と厚揚げの煮物>

  1. 大根は柔らかく煮ておく。
  2. 厚揚げは湯通しし厚さ1/3に切り、大根と一緒に、だし汁・しょうゆ・酒・みりん・砂糖で数分煮る。
  3. 味が染み込まないうちに、大根と厚揚げ(真ん中の部分)を取り出しておく。

油揚げは噛み切りにくいので真ん中の部分を使っています。また油分が多いので湯通しは必須。冷めるときに味がしみこむので、頃合いを見てこどもの分を取り出します。
 

<じゃがいもチーズ>

  1. じゃがいもをレンジで加熱しマッシュする。
  2. チーズを5mm角くらいの大きさに切り、じゃがいもに混ぜる。
  3. 一口サイズに丸める。

水分が足りないようなら、牛乳を加えると丸めやすくなります。丸めるとつかみ食べの練習になりますね。

 

<茶碗蒸し>

  1. ほうれん草は柔らかく茹でて食べやすい大きさに切る。
  2. 卵はボウルなどに入れ、箸をボウルの底につけたまま左右に動かし卵を切り混ぜる。
  3. だし・しょうゆを加える。
  4. 器に3とほうれん草、しめじを入れて蒸す。

食べやすいように器から離乳食用のお皿に移し変えてみました。葉物は食べずらいようですが、玉子と一緒なら喜んで食べてくれます。しめじも味がしみて美味しいのか、こどもは大好きです。

 

<にんじんと白菜の味噌汁>

  1. 大人用から取り分け、食べやすい大きさに切る。白菜は繊維を断つように切る。
  2. 具財と上澄みを器に盛る。

白菜は月齢を考慮して柔らかい部分などを使用してあげてください。にんじんも白菜も甘いのでこどもがすきな味じゃないかな?

  • Check

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kosodate.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/449

ビストロパパの料理講座はこちら

育児のノウハウ一杯【こそだて】TOPへ

PapaStyle
育児の情報誌miku
こそだてFacebook
こそだてTwitter